起業家のためのデジタルマーケティング

デジタルマーケティングの最前線を起業家、中小企業オーナー、士業を含むコンサルティング従事者にお届け

コンテンツマーケティング

失敗しない市場選び 10の基本確認項目

投稿日:

失敗しない市場選び10項目

自分で生み出したビジネスはつい客観性を見失ってしまい、
遠回りをしてしまいがちです。

客観的な確認ポイントがあると、自分の立ち位置が分かり、
自分の立ち位置が分かるとゴールまでに何が必要なのかの判断がしやすくなります。

本日は失敗しない市場選び 10の基本確認項目をご紹介します。

世の中には100%はありませんが、基準を知ることで、
客観的な判断がしやすくなり、ひいては慎重にビジネスを進めることができるようになります。

1.市場サイズ

目標を達成するのに十分な市場規模があるか?目的達成に不必要なサイズはないか?

  1. その市場にどれだけの見込み客がいるか
  2. 金払いのよい見込み客がどれだけいるか

2.見込み客アクセス性

ターゲットとなる市場はすでに組織化されているか。もしくは市場創造する必要があるか。

  1. 関連の協会、サークル、組織などが存在しているか
  2. 見込み客はどのような印刷物を読んでいるか
  3. 他にどのような媒体で見込み客にリーチできるか(ラジオ、WEBサイトなど)
  4. 名簿から見込み客にリーチできるか
  5. 見込み客が参加するイベントはあるか?(トレードショーへの展示、講演、協賛、印刷物の配布などでリーチできるか?)
  6. 市場にインフルエンサーがいるか。
    1. 商品の窓口として、後援者として、紹介者として手伝ってもらうことは可能か?
    2. タダ乗り、ジョイントベンチャー、名簿協賛、協力マーケティングなど
  7. 自分が意図/すでに実践している販売方法が他社ですでに行われているか?模倣できるか?
  8. 直接の競合ではなくとも類似の商品が販売されているか?
    1. 価格
    2. 支払い期間
    3. 一般的な魅力性
      1. ステータス/自慢
      2. フラストレーションに対する解決策
      3. etc
  9. 直接の競合はいくつあるか?それぞれの競合のUSPと保証内容はなにか?最も成功している競合はどこか?
  10. コストをかけずに見込み客にリーチできるか

3.レスポンス性

  1. 自分の意図/実践している広告、マーケティング、販売に対して何パーセントの見込み客が反応/購買したか。

4.競合と比較企業によって実証済みの存続性

  1. 見込み客は参入予定のカテゴリーで商品を購入しているか
  2. 見込み客は購入するだけの資金があるか
  3. 見込み客は予定している販売金額で購入するか?

5.購入済み顧客へのアクセス性

  1. 購入済み顧客の名簿は入手可能か?
  2. 購入済み顧客へリーチする手段はあるか?
  3. 購入済み顧客があつまる場所はあるか?

6.満たされていないニーズ/欲求、不十分なサービス

この市場に進出する合理的理由があるか?

  1. あなたが商品を提供しようとしている見込み客のニーズ、問題、痛み、フラストレーション、怒り、恐れは何か?新しく、異なる、上位の解決策を提供できるか?
  2. あたなが商品を提供している見込み客の希望、願望、欲求は何か?誰よりもより早く、より簡単で、より良いものを提供できるか?
  3. 競合の喧騒の中から目立つ為の差別化手段はあるか?
  4. 価格を正当化するUSPはあるか?(大項目4の回答をベースとする)

7.親近性

  1. 見込み客はなぜあなたと取引をしたいと思うか?
  2. 見込み客と同じグループに所属しているか?
  3. 見込み客との個人的なつながりは何か?(共有価値、ミッション、目的)

8.ニッチ/サブカルチャー(一般性との対比)

  1. 見込み客を市場内のニッチに分けることができるか?(職業例:歯医者、大工など) 分けられるなら何に分けられるか?
  2. 見込み客を市場内のサブカルチャーに分けることができるか?(例:ハーレーダビッドソン、ゴルフ愛好家など) 分けられるなら何にわけられるか?
  3. 語りかけを変えることで説得力が増す主要なセグメントはほかにあるか?

9.デモグラフィック/サイコグラフィック

統計的に意味をなすか?

  1. 例えば、高齢化していく層に参入しようとしていないか?
  2. この層はあなたの商品についてどのように感じるか?これらの感情に繋がりは持てるか?

10.価格

  1. 価格面で満たされていないニーズや欲求はあるか?(そのギャップを埋めることができるか?)
  2. 価格戦略はなにを想定しているか?(高価格帯 or 低価格帯?)
  3. 価格面以外でどんな価値で競争できるか?例:サービス、地位、保証、特典など

解説

これらの確認項目はすべてにおいて、ポジティブである必要はありません。

あくまで、今後の方策を考える際の基準となるものです。

 

例えば、見込み客へのアクセスが悪いということは、自らが見込み客へのアクセスルートを確保しなければなりません。

例えば、ギャンブルなどのノウハウはニーズが一定数あるものの、
広告などの規制などにひっかかり集客が難しい分野です。

その場合、自社のWEB媒体でSEO集客する、という方策が立てられます。

一般にアクセスが悪い分野は競合が少なく、ニーズがある市場という前提さえ外さなければ、堅実に収益をあげることが可能です。

あなたのビジネスに役立つかもしれない情報のリリースを検討しています。

全部で12種類以上が候補にあがっています。詳細はコチラ

周朋成

お役に立てたなら、投票にご協力お願いいたします。

ビジネス・仕事ランキング ブログランキングならblogram にほんブログ村 経営ブログへブログランキング

-コンテンツマーケティング


コメントを残す

関連記事

種まきマーケティング

稼ぎに直結しやすい3つのデジタルマーケティング戦略

多くの起業家にとって集客は最も関心のある分野でしょう。 しかし、ビジネスは集客だけで成り立つわけではありません。 デジタルマーケターは農作業従事者に似ています。 種をまいて、畑をたがやし、水まきを行い …

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングで4億円の売上を達成する方法

コンテンツマーケティングは正しく行えばどの媒体よりも効率的のよい集客が可能です。 (コンテンツマーケティングの権威であるクラフト氏は彼らのコンテンツはターゲット広告の4倍の価値があると述べています。) …

B2Bビジネスのためのコンテンツマーケティング11の知恵

B2Bビジネスの為のコンテンツマーケティング11の知恵

コンテンツマーケティングはB2Cビジネスの為のもの、と思っている方が少なからずいます。 それは大きな勘違いです。 世の中にはビジネスの解決策を求めて、情報を探しているビジネスオーナーが無数にいます。そ …

カスタマージャーニーの作り方

現代版カスタマージャーニーの作り方 7つのコツ

Forresterによると74%のB2B購入者はオフラインで購入する前にオンラインでリサーチを行うと述べています。 このことから推測できるように、コンテンツマーケティングはブランド認知度を向上させるだ …

  • SEOブログパーツ